伝統ハレの日の料理

伝統ハレの日の料理

本日ちょっとした用事があり久慈市山形町(旧山形村)に行って来ました。

そこで地元お母さんが作るハレの日のご馳走『まめぶ汁』に出会って来ました。
朝ドラで一躍有名になったまめぶ汁。
賛否両論あると聞きましたがイヤイヤどうして山形村に昔から伝わるまめぶ汁は素晴らしいの一言。
出汁の取り方と今はちょっと無い食材から浸み出す出汁の旨味は最高です!

作る工程を見させて頂きましたが、まめぶ(胡桃と黒糖が入ったお団子)自体の作り方にもこだわりと言いますかポイントがあり理にかなってました。
出汁と一緒に食べるとよ〜く分かりました^ ^

良く聞く『あまいんだがしょっぺんだが』って言う言葉は多分間違い⁈
昔から山形村に伝わる『まめぶ汁』とは別物なのでは?
まめぶ汁風⁈なのではと思ってしまいました。
※”風”も食べた事ありませんが…σ(^_^;)

まさにハレの日のご馳走であり確実に酒っこに合いますね!

今度作ってみましょ〜酒っこのつまみ用に…
次回は酒っこと一緒に食したいと思い〼。(^。^)