安家地大根の干し葉

安家地大根の干し葉

安家地大根の干し葉。

干し葉や凍み大根は、極寒の冬を乗り切る為の大切な保存食として利用されてきました。
安家地大根は、主に岩泉町安家地区で栽培されている伝統野菜です。自家採種で大変手間がかかり、市場流通向けに形が揃うF1品種とは違って色や形にもばらつきがあります。市場流通には向きませんが、その味わいは保存食として以外にも魅力にあふれています。
辛味が強く、ピンク色のカブはおろして薬味にすると彩り良く料理の味わいを引き立てます。また、硬い身質は食感もよく、力強い味わいが楽しめる「焼き」もおすすめです。
岩手でしか味わえない、冬のごちそうです。

お燗番